建売と注文の形式

家にはいろんな建設方法があります。対照的なのが建売住宅と注文住宅で、建売は既に建設されているものを購入する場合が多いです。注文住宅なら自分で設計からこだわれるので、基礎から建設の様子を観察できるのが特徴です。

注文住宅はこうやって建てる【一般的な前準備の流れ】

住宅

予算を自分で決める

住宅の建設には多額の資金が必要になってきます。その資金を用意できるのか、ローンを組むにしても返済できる能力があるのか、将来設計を考えながら計画していかなければなりません。注文住宅なら土地はもちろん、設計費用もかかります。

家の間取りと外観を決める

なにより自分の理想とする家を建てられるのが注文住宅の魅力です。間取りにもこだわることができます。細かいことが決められなくても、太陽光発電システムのある家にしたい、デザインはこんなものがいいなどといった、要望があれば設計の専門家に伝えます。

見積りの依頼をして建設開始

理想とする家作りを手伝ってくれる住宅メーカーがあれば依頼することになります。いくつか候補があるなら、概算を複数社に見積してもらいましょう。予算だけでなくサービス内容も見比べて、納得すれば本契約ということになります。

事前に調べることはいろいろある

家は時代によって建設方法やシステムも変わってきます。そのため、家を建設するのであれば最新情報を収集しておきましょう。モダンな外観の家だけでなく、木材で作られた家も再評価されています。

こんな家もある!情報を集めよう

住宅模型

家の種類や特徴

せっかく自分の家を手に入れるのですから、いろんな家があることを知りましょう。メンテナンスについても知るべきですし、木の家の良さに気付いている人もいます。資金面で迷っていた人にも朗報があるので注目です。

詳しくはコチラ

[PR]
福岡で工務店を利用しよう
理想の家を建ててくれる!

注文住宅はどんな業者が建設してくれる?徹底解明

男性と女性

依頼先も様々

住宅には建売や注文という形式がありますが、こういった住宅は工務店やハウスメーカーといったところに依頼して作ります。
ハウスメーカーでは建売と注文住宅の両方を受け付けています。一方、設計事務所は建設に直接関わるわけではありません。設計をそのまま活かしたいなら、チェックしながら作業を進めてもらえる建設会社を選ばなければならないでしょう。

インテリア

評判をチェックしておこう

フランチャイズのハウスメーカーならある程度の品質がわかりますが、地域にしかない建設会社ならその実力はいろいろと調べてみないと分かりません。
比較サイトやランキングサイトといったインターネットサイトが、住宅メーカーに関しても作られているので、こういったものを使って情報収集しておくことが大切です。

広告募集中